住宅購入は固定金利が良いです

  • 知っているようで知らない分譲と賃貸の違い

    • マンションや一軒家などの不動産物件を探していると、分譲や賃貸という言葉を見かけます。

      注文住宅 リゾートについての情報です。

      しかし何となく意味は分かっても、その二つの違いを詳細に知っている方は多くないでしょう。



      更に二つの言葉が融合した「分譲賃貸」という表現もあるため、混乱をしやすいのですが、言葉の意味を一つ一つ紐解いていけば理解がしやすくなります。



      まず、分譲とは「土地や住宅などを分割して販売する」という方式で、賃貸は「物件を借りて住む」という方式です。

      いろいろな練馬区 新築一戸建ての相談ならココです。

      賃貸は飽くまでも借用しているだけであるため、借り手の資産にはなりません。

      そして「分譲賃貸」とは、「販売されていた物件の購入者が、購入後に賃貸として貸し出している物件」のことを示します。


      借り手としては賃貸とほとんど変わりがないように思えますが、その物件の成り立ちの部分に違いがあるのです。

      吹田市 土地が今、話題になっています。

      と言うのも、物件を購入した場合、多くの人は数十年という単位で生活することを前提とします。

      http://girlschannel.net/topics/513522/

      一方で賃貸物件では、二年ごとの契約を繰り返すケースが大半で、貸主は老朽化が進めば新たな入居者をつのることを停止し、順次建て替えなどを計画することになります。

      http://smany.jp/2821

      法律に基づいた耐震基準についてはどちらも同じ強度を求められていますが、このような用途・計画性の違いから、求められるグレードに大きな隔たりが生まれるのです。


      購入者の希望に沿うために、分譲物件の方が防災や防犯といった内部の品質や外観などにより力を入れる傾向にあります。特にオートロックや管理人などは、入居者が固定化される場合にこそ大きな効力を発揮しますので、賃貸物件にはあまり見られません。

      http://news.goo.ne.jp/article/iwate/region/iwate-74071506.html

  • 関連リンク