住宅購入は固定金利が良いです

  • 分譲不動産と言うのは分けられていること

    • 分譲という言葉をよく耳にするでしょうが、あまり意味を理解していない人が多いです。これは簡単に言いますと土地を分けることを言います。そもそも分譲とは、分割譲渡の略称になります。
      大きな土地を不動産屋が分割をして、売ることを言います。

      分譲住宅と言うのは、詰まる所、元々は一つの纏まった権利のあった土地であったのを個人にも買いやすいように分けて、そこに住宅を建てて売っているわけです。
      これが分譲住宅になります。
      マンションにも同じ事がいえます。


      正確に言えば、マンションには賃貸の他には分譲しかないわけです。

      大きな土地を確保して、そこにマンションを造り、部屋を分けて、その権利を売っているわけです。

      売るときには登記をすることが必要になります。

      買い手は購入したら、登記簿を移して貰って、それで所有権が得られたことになります。

      真っ当にやっているところであれば特に問題ないですが、一応は意識して何度か確認をするべき行為になります。
      それと特徴的なこととして、共通道路がある場合が多いです。


      これは一つの大きな土地を分割して譲渡、販売しているわけですから、道路に面していない土地の部分もあるわけです。

      そうなると私有地を通らないと道路に出られない家も出てきてしまうことになります。


      それは出来ないことになっており、一部を共通で所有権を持つ道路にします。


      この場合、私道という形になりますが、公道と同じ効果がありますから、注意が必要です。

















  • 関連リンク