住宅購入は固定金利が良いです

  • 住宅購入の際に変動金利を選択することについて

    • 住宅購入の際に住宅ローンを活用される方も多いですが、その際には契約内容に関してじっくりと検討することが大切です。


      住宅ローン利用者がよく悩むことが金利のタイプについてです。

      変動金利は契約時の金利が低く設定されていますが、金利上昇のリスクがありますし、固定金利は完済するまでの金利が決まっていますので資金計画が立て易いですが、金利が高めに設定されています。
      どちらの金利タイプにもメリットとデメリットがありますので、経済情勢や収入状況を勘案して最適な金利タイプを選ぶことが必要となります。

      どちらの金利タイプを選択した方が最終的な負担を抑えられるかと言うことは、完済するまで分かりません。

      ですが、リスクを抑えつつ出来る限り利息負担を少なくさせたい場合は、固定金利を負担出来るだけの返済計画を立てつつ変動金利を利用することです。そして、固定金利との差額分をどんどん繰り上げ返済に充てることによって、低い金利で返済期間を短縮させることが可能です。
      変動金利の利息しか負担することが出来ないような状況ですと、金利が上昇した時に対応することが出来ませんので、あくまでも固定金利にも対応出来るだけの資力を確保した上で、住宅購入を検討することが必要です。尚、変動金利は年2回金利の見直しが行われますが、返済額は5年ごとに変更されます。

      ですので、もし金利が上昇したとしても返済額がいきなり上がる訳ではありませんので、資金計画の見直しがすぐに必要になる訳ではありません。

      しかし、5年後に一気に返済額が上昇するとともに、その時点では思ったほど元本の返済が進んでいない場合もありますので、住宅購入の際に変動金利を選択する場合には、それらのリスク管理も必要です。



      今よりも明石 新築をしたいと言う願いにお答えするサイトです。

      不動産 江戸川区情報を集めているサイトです。





      http://smany.jp/2111

      http://www.yomiuri.co.jp/local/hiroshima/feature/CO003947/20130325-OYT8T01420.html

      http://okwave.jp/qa/q2655594.html

  • 関連リンク