住宅購入は固定金利が良いです

  • 住宅購入時に変動金利を選ぶのに向いている人とは

    • 住宅購入で一括現金で支払いができる人はまれです。



      多くの人は住宅購入に際してローンを借りることになります。


      住宅ローンの金利には固定と変動という2つのタイプがあります。



      固定金利では、ある一定の期間を通じて同じ金利が適用されます。

      3年や5年という短期のものから、フラット35のように長期のものまであります。


      変動金利では、半年ごとに金利の見直しがおこなわれます。



      借りたときよりも金利が下がればよいですが、もし金利が上がってしまった場合は利息が増え毎月のローン返済額が増えてしまいます。

      金利が確実に下がることが分かれば誰しも変動金利を選びますが、金融の専門家ですら金利の動向は確実には分かりません。

      固定と変動の金利を比較すると変動の方が安く設定されています。



      なぜならば、固定金利では銀行などの金融機関が金利上昇のリスクを負っているからです。
      変動金利では債務者が金利上昇のリスクを負わなければいけません。



      その代わりに金利が安く設定されており、毎月の返済額を安く抑えることができるのです。



      毎月の返済額を低く抑えられるのは魅力的ですが、金利上昇のリスクを受け入れられるかどうかはよく検討する必要があります。


      具体的には、いざとなれば繰上げ返済ができる金銭的余裕がある人であれば、変動金利を選択するのが有効です。

      金利が上がった時点で繰上げ返済し元金を減らせば利息も減るためローンの返済額を抑えることが可能だからです。



      金利が低いままであれば、毎月のローン返済額が安く抑えられます。



      逆に、住宅購入時に資金を使ってしまいこの先あまり貯金ができる余裕もない人は、毎月の返済額が少ないからといってもリスクの高い変動金利は避けた方が無難です。

  • 関連リンク