住宅購入は固定金利が良いです

  • 住宅購入は固定金利と変動金利のどちらがお得か

    • 住宅購入をする際には、住宅ローンを活用される方が多いです。

      住宅ローンを契約する場合に一番悩むことが、どの金利タイプで契約するかと言うことです。



      住宅購入となると数千万円と言った高額なお金を、最長で35年間借りるケースが多いです。そうすると、金利によって利息額にも大きな違いが発生します。基本的には固定金利と変動金利あるいは二つをミックスした金利タイプのものから選択することになります。



      固定金利のメリットは、完済するまでの金額が既に決定している点です。
      その為、資金計画が立て易いですが、金利は変動金利よりも高く設定されておりますので、低金利の時代やこれから金利が上昇すると言った局面で利用するとメリットが大きいです。



      一方、変動金利は、今後の金利上昇などによって負担が増加するリスクは有りますが、契約時点の金利は低めに設定されております。

      ネット銀行などでは金利が1%以下に設定されているケースも珍しくありません。また一定期間は固定金利で契約をして、その後変動金利に移行するような金利タイプもあります。



      固定期間中は返済額が確定している為、資金計画が立て易いですし、変動金利に移行した場合でも金利の優遇を受けられるメリットがあります。



      しかし将来的に金利がどのようになっているかは分かりませんので、結局は変動金利と同じリスクを抱えていることになります。



      どの金利タイプがお得かと言うことは、結局完済してみるまで分かりません。ですので、どれだけの自己資金や収入があるのか、あるいはどの程度のリスクまで許容出来るのかということによって、同じ時期に住宅購入する場合でも人によって判断が異なります。



      契約時よりも状況が悪くなったことも想定した上で、住宅ローンは契約することが大切です。



  • 関連リンク