住宅購入は固定金利が良いです

  • 不動産購入の際の分譲について

    • 不動産取引時における分譲とは、次のような内容があります。



      まず一つ目は、分譲住宅で、いわゆる建売住宅のことです。土地と建物がセットとなって販売されているケースです。


      すでに建物が建っている、もしくはどのような建物が建つか決まっているため、買主が自由に間取りやデザインを決めることができません。



      一方で建築業者が作業や原材料を効率よく管理できるため、安価に建てられる、また、事前に購入総額が把握しやすいというメリットがあります。



      二つ目は分譲マンションで、マンション建物の一室が販売されているケースです。

      戸建と比べ、セキュリティーや設備面では優ることが多いですが、毎月修繕積立金や管理費を支払わなくてはなりません。



      また、隣人や上下階の住人との騒音等のトラブルも起きやすいです。



      3つ目は、分譲地で、土地のみが販売されているケースです。



      注文住宅を建てる際にそれに見合った土地を得るために購入するケースが多いです。注文住宅のメリットは自分の建てたい家が建てられることです。

      設備やデザイン、間取り、色など自分の思い通りに建てられるというメリットがある一方で、ある程度の知識がなければ、イメージ通りの家を建てることができない、総額が事前に把握しづらい、結果予算オーバーになりやすい、自分の希望にあった分譲地を探すのが大変などのデメリットがあります。



      ただし建売住宅やマンションなどは、建築中の状況を把握できないケースが多く、注文住宅と比較しても、欠陥住宅、もしくは欠陥とまでは至らなくても、何らかの不具合が出るケースが比較的多いです。



  • 関連リンク